1. ホーム
  2. 水素技術センター

水素技術センター Hydrogen Technical Center(HTC)

【水素技術センター】

〇設立の趣旨

  •  HySUTは水素ST全体または部品・構成機器に関する水素の実環境下での一層の安全・安心に資する技術開発、及び水素STの運転・管理手法の更なる高度化をはかる技術開発を目的とし、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業にて水素技術センター(HTC)を山梨県甲府市に建設しました。  HTCはいわゆる「実証水素ST」です。商用水素STが普及しつつある昨今ですが、商用水素STでは、開発品や新規の充填制御の実証が困難であることや、ラボ試験結果とは異なる事象が起きていることから、実環境下での実証試験のニーズや重要性が高まり、HTCの整備に至りました。HTCの活用により、水素ステーションの普及や技術力の向上を後押しします。
  • 〇サービス・事業内容

    •   HTCでは、実際の商用水素ステーションと同様の環境下における各種試験が実施でき、商用水素ステーションへの開発品の導入を促進いたします。また、これまでHySUTが実証ステーションや安全・安心事業で培ってきた経験を基にした講習会を開講しており、ステーション従業員の知識、技術力向上を行うとともに安全訓練などステーションを使った実地訓練も行います。
    • 〇水素技術センターで実施できる業務(一例)

        •  開発品等の製品試験 :水素関連製品の実環境下での性能試験の実施
        •  新規充填制御の開発 :新規開発された充填制御の試験実施
        •  最適ST仕様の実証試験:FCV需要に応じた低コストST設備仕様の検討試験の実施
        •  講習会       :水素ST従業者向け講習会(初級者コース・保安監督者コース)。

        〇水素技術センターの5つの特長

        •  ・国内商用STでは不可能な国際基準の充填最高圧力である87.5MPaの充填ができます。
        •  ・車両だけではなく容器にも充填可能であるため、多様な容量容器に充填出来ます。
        •  ・ラボレベルでは実施不可能な実環境下での耐久性評価試験等ができます。
        •  ・通常のJPEC-S0003の充填に加え、直充填制御等様々な充填制御にも対応可能です。
        •  ・圧縮機の吐出量を任意・容易に変更可能で、需要に応じた水素STの最適能力仕様が検討できます。

        〇水素技術センター仕様

          組織図 組織図

          〇ご利用について

          •  HTCのご利用や「こんなことができるか」といったご相談等、随時お受けしておりますので、お気軽にHySUTまでお問合せください。また、HTCの見学も随時お受けしております。見学や講習会についてもご質問、ご要望等ございましたらHySUTまでお問い合わせください。

          〇HTC地図

          所在地 山梨県甲府市下向山町3157番地

          〇問合せ先

          〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-5 赤坂日ノ樹ビル5階
          一般社団法人水素供給利用技術協会 技術部 TEL:03-3560-2803

          メール:XXXXX@hysut.or.jp
          (「XXXXX」の部分を「hysut」に変更して送信して下さい)

HySUT 一般社団法人水素供給利用技術協会